パチンコの寄り釘と風車の見方

こんばんは、20代の奇跡です。

 

今回は、パチンコ

釘読み大作戦~STEP4~です!

これまでの復習はコチラ

~STEP1~ホール探しとプロ探し

~STEP1~補足

~STEP2~ヘソの高さ

~STEP3~ジャンプ釘

STEP4では、いよいよ

寄り釘&風車です。

 

 

写真は、巨人の星~朋子バージョン~の

寄り釘と風車です。

寄り説明

寄り釘は、基本的に

左右の一番下の釘が重要なので

最低でもこの2本は必ずチェックするようにして下さい。

 

風車も、玉が中央に流れていくか

外にこぼれてしまうかを左右する

重要な釘なので、上の寄り釘と合わせて

必ずチェックするようにしましょう!

 

まずは寄り釘の左右一番下の釘を

真上から除きこみ

上

このように両方とも右側

向いている調整がベストです。

 

この時、風車の向きも同時に上からチェックしましょう!

寄り〇

風車に関しては、上の寄り釘とは反対に

外側を向いているほうが

玉が内側へ流れやすくなるので

できるだけ外側を向いている台を選ぶようにしましょう!

 

次は腰を低くし、できるだけ寄り釘と

同じ高さに目線を合わせ、それぞれの釘の

高さをチェックしていきます。

 

正面から見て分かりにくい場合は

横から除いて見ると比較的

わかりやすく見ることができます。

 

悪い例

寄り1×

の寄り釘が、下げ調整

尚且つ外向き

の寄り釘が、上げ調整

尚且つ、外向き

これは一番最悪なパターンです。

 

それぞれが外向きになることにより

玉が外側へと流れやすくなり、

の寄り釘が下げ調整だと、風車との距離も短くなり

内側へ流れる道が狭くなってしまいます。

 

の釘が上げ調整だと、風車との距離が開き

外側への道が広がってしまいます。

 

よって、玉が外側へこぼれやすくなり

ヘソに到達する玉が大幅に減り

回りにくくなってしまうというわけです。

 

良い例

寄り1〇

玉の笑顔を見てもわかる通り

一番ベストな調整です。

 

さっきとは反対に

の寄り釘が、上げ調整

尚且つ、内向き

の寄り釘が、下げ調整

尚且つ、内向き

内側への道が広くなり、外側への道が狭くなるので

ヘソへ向かう玉が一番多い調整になります。

 

ハッキリ言って、全てがプラス調整という台は

なかなかありません。

 

右側は良いけど、左が悪かったり…

寄り釘は良いけど、風車が悪かったり…

上の画像のように、満点な釘は相当珍しい為

ついつい玉までもが笑顔になってしまうほどです。

 

ヘソが多少狭くても

寄りが良ければ回る可能性があるので

上のような台であれば、

一度試し打ちしてみるのも手です。

 

ヘソで見分けが付かないときは

上記の寄り釘と、風車をチェックして

優良台をゲットしていきましょう!!

 

それでは次回更新お楽しみに(´▽`*)

最後までありがとうございました。

このブログが少しでも為になったという場合は
応援クリック頂けると嬉しいです★

奇跡はいま何位?
  
ブログランキングバナー

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

 

質問や、ご要望などありましたらお気軽に
メールフォームもしくは20dainokiseki@gmail.comまでお願い致します。

メルマガアイコ

 ◇追伸◇

Facebookページや、Twitterにて
ブログの更新情報などを配信しております。

特に、Facebookページで
『いいね!』して頂いた方には、
不定期で、稼ぐ為に必要な
必勝ツールのプレゼントなどなど
予定していますので
是非、いいね!お願い致します。

スポンサードリンク

コメントを残す