【パチンコ】『釘読み上達大作戦!』~補足~

こんばんは、20代の奇跡です。

 

前回お話したポイントは

・開け閉めを行っているホールを絞ること

・パチプロを探すこと

・パチプロの打った台でお勉強

 

既に実行頂けましたか?

 

いきなりパチプロを見抜くのは

少し難しいかもしれませんが、できるだけ毎日通い

客層をよ~く観察していると、明らかに

一般パチンカーとはオーラの違う方がいるので

だんだんと稼ぐ人と稼げない人の

違いが見えてくるようになります。

 

ほとんどの方はお店に入ると

台ばかりに目が行ってしまいますが

実は、うまい人程よく人間観察をしています。

 

プロはなるべく自分の庭を荒らされたくないので

ハイエナしている人間や、止め打ち&捻り打ちを

している人間をかなりチェックしています。

 

逆に言えば、プロがマイホではない

新たなホールで稼働する際は、極力目立たぬように

異様な程にオーラを消し去っています。

 

ドル箱を何十箱も積んでいるにも関わらず

顔色一つ変えずに打っていたり

見た目は出ているのに、なぜか不機嫌そう

↑回りが悪くなりイライラしている(僕の場合)

このような人間は要チェックです。

 

そして、肝心なお店選びです。

 

30分で行ける範囲は全て視察に行くことを

オススメ致しましたが、これは例え

『イメージ的に出なそう』という勝手な

固定概念により『この店は行かなくてもいいか!』

と思っても、決して視察を怠ってはいけません。

 

僕の周りにもこの固定概念に囚われ過ぎた人が多く

外観がボロイという理由で出なそうと判断したり

今まで一度も出た記憶が無い

などと訳のわからぬ理屈を並べる方が多いのですが

この固定概念に囚われるのは非常に危険です。

 

実際に釘の見れない方の多くは

華やかなCMやチラシに惑わされてしまい

ついつい大型チェーン店に吸い込まれてしまいます。

 

しかし、実際は大型チェーンは

高額なCM、広告費を払っている分本来であれば

お客にたくさん還元できるわけがないのです。

 

そのようなホールで優良台を探したとしても

当然、初心者が見てわかる程景気の良い

開けっぷりは、イベントやグランドオープン

でもない限り、まずあり得ません。

 

少ししみじみしたホールの方が

しっかりと出玉で還元される割合が

比較的多いので、そのようなボロイお店でも

必ず一度は視察にいくようお願い致します。

 

このブログの読者様であれば

既に理解して頂けているかと思いますが

僕は初心者の頃、実際に経験した話ですので

念の為に書かせて頂きましたm(__)m

 

釘を読むことばかりに集中してしまい

ホール選びを間違えてしまうと

結果、釘読みの上達を大幅に遅らせてしまうので

STEP1での内容をしっかりと理解し

最短で釘読み習得を目指しましょう!

 

-宿題-

今週一週間毎日ホールへ通えるという方は

まずは一日何店舗か視察に行き

この1週間で3~5軒、優良らしきホールを絞りましょう。

 

STEP1でも書いてある通り

まずはそれぞれのホールで看板機種として

扱われている台の、平常営業での釘を見比べて下さい。

 

もし閉店間際までいれるという方は

1時間前くらいに止めるお客の中で

プロらしき雰囲気をかもしだした人間がいないか

チェックしてみましょう。

 

そして、それぞれの台のヘソを見て

隣の台や、回りの台とよーく見比べて下さい。

 

もし回りの台と何か違いがあればビンゴです!

そのお店はおそらく開け閉めをしっかり行っているので

まず第一候補として入れておきましょう。

 

もし見つからない場合でも

たまたまその日だけいなかった

という可能性も十分にあるので

1度で判断するのではなく

少なくても3回くらいは見るようにして下さい。

 

いくら回る台が見当たらないからと言って

くれぐれも無駄打ちだけはしないように注意して下さい。

 

試し打ちも、何度もしていれば

試し打ちですまなくなってしまうので

開いていないと思ったら、今週は全てスルーです。

 

まずはお店選びと、パチプロ探しです。

 

この二つを心掛けて、今週一週間過ごしましょう(^^)

 

ブログでは明かせない無料メルマガはコチラ

↓   ↓

http://mobile.mag2.com/mm/0001584458.html

質問や、ご要望などありましたらお気軽に

20dainokiseki@gmail.comまでお願い致します。

それでは次回更新お楽しみに(´▽`*)

スポンサードリンク

コメントを残す